自由が丘レンタルサロン


規約〜レンタルサロン
自由ヶ丘のレンタルサロン レンタルサロン利用に関する覚書

【入会および会員資格】

1.入会手続き
 @サロン見学後に、次の書類を運営者に提出するものとします。
  (1)運転免許証またはパスポートの写しを提出し、その原本を提示すること。
  (2)運転免許証またはパスポートを保有していない場合、顔写真が添付された社員証、学生証その他これに準じる
     身分証明書等の写しと健康保険証の写しを提出し、その原本を提示すること。
 B覚書に署名、捺印した時点で申込者は会員資格を取得します。

2.会員の解除及び利用停止
 会員が次のいずれかに該当する場合、運営者は、直ちに当該会員の会員契約を解除することができるものとします。
 また、利用停止によって生じた損害については、運営者はその責任を負いません。

@入会申込の際に虚偽記載、申請があったとき。
 A会員規約に定められている事項に違反したとき。
 B会員資格を他人に貸与または譲渡したとき。
 C他会員の施設利用を妨害したとき。
 D近隣居住者に迷惑を及ぼすおそれがあると運営者において判断した場合。
 E会員がレンタルサロンを利用して公序良俗に反する行為をしたとき。
 F運営者を誹謗中傷するなどの迷惑行為をしたとき。
 G長期間にわたり利用がなく、また利用の見込みもないと判断したとき。

3.会員情報の変更
 @会員は、入会申込書に入力した事項に変更があったときは、直ちに運営者に変更内容を通知しなければならない
  ものとします。
 A会員は、前@の通知を怠ったことにより、不利益や損害を被ったとしても、何ら異議を述べないものとします。

【申し込みと料金】

1.利用申込み
 @運営者は、利用予定日の1か月半前から、レンタルサロンの利用申込みを受付けるものとします。
 A利用が確定していない状況での利用申込みは、認めないものとします。
 B利用申込みは、必要事項を入力したうえ、メール送信することにより手続を行うものとします。
 E運営者は、会員が指定するメールアドレスに送信する方法により、申込み手続完了を通知するものとします。

2.料金と支払方法
 @利用申込者は、申し込みが完了した翌日までに、運営者指定の預金口座に振込んで支払うものとします。
  なお、振込手数料は会員の負担とします。
 A入金期日までに利用料金の支払がなかった場合、または振込まれた利用料金に不足がある場合、利用申込みを
  キャンセルしたものとみなします。
 B運営者は、利用料金を受領しても領収証を発行しないものとし、利用申込者は振込明細書をもって領収証に代える
  ことを了承するものとします。
 C利用料金は、別途定めるホームページの料金表の通りとします。
 D遅刻など、会員の都合で利用時間が短くなったときでも、返金は行わないこととします。

3.変更とキャンセル方法
@会員の都合により利用申込みの内容を変更または解約しようとするときは、メールに必要事項を入力したうえ、
送信して手続を行うものとします。
 A利用申込みの変更は、運営者が了承したときのみ変更することができるものとし、運営者は変更を了承するときは
  利用申込みの受理と同様の方法により通知するものとします。

4.キャンセル料金
 @利用申込みをキャンセルしようとするときは、利用予定日の前々日21時までにメール送信するものとし、この場合
  に限りキャンセル料の支払義務を負わないものとします。
 A利用予定日の前々日の21時を経過した後にキャンセルする場合(利用予定日の前々日の21時を経過した後に
  利用を申込んだ上、その後にキャンセルした場合を含む)、会員は運営者に対し、キャンセル料として利用料金の
  2分の1相当額を支払うものとする。
 B利用予定日の前日21時を経過した後にキャンセルする場合(利用予定日の前日の21時を経過した後に利用を申
  込んだ上、その後にキャンセルした場合を含む)、キャンセル料として利用料金全額を支払うものとします。
 C利用予定日の1ヶ月以上前に申込みをし、利用予定日の7日前21時以降より利用日前日21時までの間に、キャン
  セルする場合、キャンセル料として利用料金の2分の1相当額を支払うものとする。
 D会員がキャンセル料の支払義務を負う場合、運営者は受領済みの利用料金から差し引くことによりキャンセル
  料を受領することができるものとし、その残額から振込手数料を差し引いた金額を申込者の指定する預金口座に
  振込んで返金するものとします。
 E利用予定日の変更や延期も、キャンセル料金の対象となります。

5.その他
 利用目的により、官公庁への届出または許認可を得る必要がある場合は、会員の責任において、それらの手続を行う
ものとします。

【施設利用上の注意】

1.利用時間
 @利用時間は、準備及び後片付けに必要な時間を含む入室から退室までの時間とします。
 A利用可能時間は、年末年始および運営者が指定する休業期間を除く毎日24時間とします。
 B利用できる最低単位は90分間とし、90分間を超える場合、30分ごとに利用時間を設定することができます。
 C当日の利用時間の延長は、空きがある場合のみ30分単位で可能とします。
 D利用時間の間は、30分の間隔を空けることとします。

2.入室
 @運営者は、利用開始時刻の5分前までにレンタルサロンの鍵を利用者に交付するものとします。
  鍵の代理受領は認められません。
 A利用者は、入室した際に施設内に不備や汚損、破損がないか確認したうえで利用することとします。

3.退室
 @施設内にあるテーブル、椅子、ワゴン等の備品を移動させた場合には、利用終了後、原状に戻すこと。
 A利用終了後は清掃、片付けをし、廃棄物や私物は持ち帰ること。
 C照明、ポット、エステ機器などの電気製品のスイッチ、給湯器(ガス)を消すこと。
 D利用終了時刻までに施錠し、運営者に退室の報告の後、鍵を運営者に返却すること。
 E終了予定時間に間に合わなかった場合や、@〜Cの事項を行っていない場合は、延長料金を請求致します。
 F利用終了時刻までに利用者が鍵を紛失するなどして返還することができなかったとき、運営者は利用施設の錠を
  交換することができるものとし、利用者は交換費用を負担するものとします。

3.損害賠償
 
 会員(施設を利用した参加者を含む)は、施設内の内装、諸設備を汚損または破損したと認められる場合、
 汚損部分の清掃費用または破損部分の修繕費用(修繕が困難なときは交換費用または再調達費用)を運営者に
 支払うものとします。
 この場合、運営者は、清掃または修繕等の作業終了まで施設を運用できないことによる損害賠償を利用申込者に
 請求することができるものとします。

【遵守事項】

 会員は、以下の禁止事項を遵守してサロン利用することとする。
 @近隣居住者の迷惑となる騒音を発生させること。
 Aレンタルサロン内(バルコニー含む)においての喫煙。
 B共用部分およびマンション周辺道路等に車両を駐車すること。
 C電気設備の容量を超えるおそれのある電気製品を使用すること。
 D大量の水またはお湯を使用すること(シャワーは別料金にて使用可能)。
 Eキッチン、トイレ、洗面の排水管が詰まるおそれのある固形物、オイル、薬剤等を流すこと。
 F生命、身体、財産に損害を及ぼすおそれのある危険物、または悪臭を発する物品を施設内に搬入すること。
 G床、壁、天井、建具等に釘、鋲を打ったり、糊、粘着テープ等を張ること。
 H無断で利用時間の変更や延長をしたり、利用内容や目的を変更すること。

【その他】

1.利用方法の変更
 運営者は、覚書に定めている事項や利用料金について、その内容を変更することができるものとし、
 変更する際は会員専用画面にて変更内容を通知するものとします。

2.利用施設
  会員は、施設の修繕またはマンション共用部分の修繕等もしくは天災地変、停電その他やむことを得ざる事由に
  より施設を利用することが困難な場合があることを了承し、利用を希望する施設の利用ができなかったとしても何ら
  異議を述べないものとします。

2017年11月1日改定

前のページに戻る